BAMBOO FLY ROD MAKER -Studio Thin Line-

ROD MAKINGの合間に あれや・これや

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2 days practice

You'll get have the hang of it.
Have to be...
動画は重たいので削除いたしました。

フライラインをSCANDI EXTREME HEAD の640grだとキャスティングが上手く行かないため
かなりベリーが緩やかなのか?カタログ上ではそんな事は無い様に感じたのだが
今一上手くキャストが出来ない!
リーダーを調整しないままキャストしていたからかも知れない!
ウルフのアンブッシュライン500grに変えたら更にターンがしない為
その先に120grのTipを付けてキャスト開始!

とても調子がよくなった。
このラインに使用したリーダーがあまり良くない為更にリーダーを調整!

最初の寸法
バット部 60lbを1.5m(ループ含むエイトノット・ループ両端)
クラスティペット 22lbを90cm(ループ含む・ビミニツイスト両端フック側オルブライト・ノット)
ショックリーダー 60lbを60cm(ループ含むフックまで・フックはハリソンズ・ノット)

調整後
バット部 1.5mは、そのまま
クラスティペットを90cmから60cmに変更
ショックリーダーを60cmから40cmに変更

クラスティペットの長さがかなりターンに影響してくる!

明日はバット部をもう少し調整してみる予定です!

毛鉤の重さは乾式で3gで水分を多量に含むダブルバーニーフライは重さが
ほぼ倍になる為キャストが出来なくなる!

これ以上はリーダーを短くしたくないので毛鉤のサイズを調整しなくてはいけない!

船首でのバランス取りがとても難しい!

ダブルハンドのキャスト時は左腕の使い方にかなり重点が置かれるような気がした!
竿とラインに少しづつ慣れてきた!

昨日ほど落ち込みは無く少し食欲が出てきた!

やるしかない!
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 22:21:24|
  2. Bamboo Rod
  3. | コメント:0
<<One's dominant hand. | ホーム | Fall to the ground.>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。