BAMBOO FLY ROD MAKER -Studio Thin Line-

ROD MAKINGの合間に あれや・これや

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Look forward to casting.

Before long perfection.
DSC_0037.jpg

コルクリングにブランクサイズの穴を開けたところ!

1個ずつ開けて行く!接着後の削りシロが無いのでグリップが太くなりそう!

DSC_0038.jpg

こんな感じです!
バットエンドからグリップのトップまでが私の脇下から親指の先端までの長さ!

ファイティンググリップも含めての長さになる。
グリップの定義と言う物が全く解らずロッドを繋げてリールを付けて両手で持った感じで
1番バランスが良いなと感じたところ左右の手の間隔が良いなと思ったところで決定!
良し悪しは、全く持って解らない!

ダブルハンドのロッドに関してグリップの長さはどの位の長さか解らないので
FLY・SHOP LOCKSの松木さんに問い合わせをして見た所
竿によって区々と言うことだったので
自分の感覚で決定!

ようやくバット側の問題をクリアーしたのだが次はTIP側!

TOPガイドが無い!
内径で5・5ミリ竿の先端の太さが5・5mmもある!
それに合うTOPガイドなど見たことが無い!
FLYの世界に限るが・・・

結局作るしかないのである!
1mmのステンレスバネ鋼を曲げてネジってやっとこさ出来た!

DSC_0042.jpg

1mm鋼では少し細かったかも!
仕方ないのでリングは2重にした。

スネークガイドも製作したが今一信頼性に掛けるのでイヤ今5位信頼性が無いので却下!
リコイルを使用するつもりだ。

DSC_0047.jpg

By the way....

トップガイドをパイプにロウ付けしたら失敗!
仕方ないのでエポキシで接着!
スポンサーサイト
  1. 2012/04/09(月) 21:30:39|
  2. Bamboo Rod
  3. | コメント:0

Problem.

Splice joint

DSC_0017.jpg

バット部の接着剤を剥ぎ取り長さを決定して
スプライスジョイントを製作。

DSC_0029.jpg

Tip & Butt両方のスプライスが完成!

早速繋いで素振りをしてみた!

うゥ~ん~  何とも言えない!

タダタダ重たい!・・・初めから解っている事だ!度って事は無い・・・

DSC_0021.jpg

Butt end を製作中!
ブランクがあまりにも太い為エクステンションの握りを細く出来ない。
コルクの厚みを見て頂けると解ると思う。

DSC_0022.jpg

以前、沖縄で使用したロッドが折れた為その部品を使用して組み立てる。

DSC_0023.jpg

ブランクが太い為ダブルハンド用のリールシートが入らない。

リールシートはトローリング用で使われているキロワールド製の
リールシート。

とにかく太い!

DSC_0025.jpg

お分かりでしょうか!

沖縄で使用していたバンブーロッドはグリップのところで折れたので
気休めだとは思うが今回はコルクの下に補強用の糸を巻いてみた。

DSC_0027.jpg

明日はこの上にコルクリングを1個ずつ接着します。

補強用の糸はコレ!

DSC_0030.jpg

ダクロンの30lbのバッキングラインです。

ノードレスは接着面が多いのでその分アクションが硬くなると思うのですが
その分一定以上の力がかかると剥離するのでは無いかと思います。
通常のバンブーですと粘ると思うのだけれど・・・・
かと言って柔軟すぎるとこれまた困る!

と言うわけで本日の
TARPON TOAD FLY
DSC_0013.jpg

テールにポーラーヤーンその上からラムズウールとウイングにゾンカーをハックル巻きにして
ヘッドをシュリンプカラーのヤーンで仕上げてみた!フックは がまかつ SC17 2/0

朝から作業開始して夜中の1時に成るところ!
竿の問題はまだまだある!
1個ずつ解決しなくてはいけないのが苦しいのだが楽しいところでもある!

  1. 2012/04/09(月) 00:44:25|
  2. Bamboo Rod
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。